VitaCraftがやってきた 第2弾


こんにちは。社長室兼システム部の山城です。

先日VitaCraftの鍋とフライパンを購入しました。

VitaCraftが我が家にやってきた

 

数週間使ってみた感想としては・・・
33cmのスーパー鉄はさすがに重いです。
出来上がったものをお皿に移すときに片手でクイっができません。
でも一応フライパンはふれます。なのでOK。
それより、野菜炒めのシャキシャキ感が段違いでびっくりです。
これまでのテフロンで炒めてきた野菜たちに謝りたいくらい。
あとパンケーキには不向きです。焦げます。
こういうのはテフロンの方が得意分野のようです。

オレゴン鍋は、その光沢に魅了され、まさかの揃えたい欲求がでてきました。

 

そして第2弾で迎え入れたのは
・オペレゴン鍋18cm
・グリルパン
です。

18cm鍋は毎日のお味噌汁作りにちょうどいいサイズです。

グリルパンは、肉や魚を焼くとき用に。
というのもリビングとキッチンの境がない我が家の造り的に、
魚焼きグリルは熱くなりすぎて子供たちのやけどが怖いのでほとんど使っていません。
あと脂がこびりついて掃除が大変というのもあります。
どうしてもグリルの方が美味しいアスパラ焼きのみ数回使っている程度です。
魚をグリルしたい=秋刀魚が焼けそうな35cmサイズを選びました。

 

迎え入れと同時に置き場所を確保しなければいけません。
オレゴン鍋用にはもともと日常的に使わないお皿が入っていた背面収納を空けました。

上の段を整理すればもう何個か置けるかも。
娘のプラスチックプレートをそろそろ卒業させて
夫のプロテインはどこか別の場所に置こう、そうしよう。

 

グリルパンはコンロ下の上段スペースに。

 

そして早速先週末牛タンを焼きました。
正直普通でした。もっと強火でガッっと焼くべきでした。
もう少し向き合う時間が必要そうです。
隣で作った空心菜炒めはシャキシャキで美味しかったです。

おすすめの記事