豊洲きょう着く便で手巻き寿司パーティー!


こんにちは。社長室兼システム部の山城です。

私が作る食事の出来やメニューに、夫が文句を言うことはほとんどありません。
でも、食事を邪魔されることをすごく嫌がります。

例えば、食事の時にぐずって子供たちをあやしながらとか
子供たちが「パパのお膝で食べる~」ときかないとか
寝起きで不機嫌で「だっこ~」ってなるとか。

なので子供たちが小さいうちは、手巻き寿司や焼き肉のような
自分で最後の仕上げをする系の食事は極力避けていました。
(なぜなら夫の機嫌が悪くなるので。)

でも双子たちももうすぐ3歳、
日々のお料理トレーニングもあり、そろそろ行けるのでは!?
となり、先週末、手巻き寿司に挑戦しました。

 


ラインナップは・・・
・うまいもんドットコムで購入したキタムラサキウニの『生うに瓶詰め』
豊洲きょう着く便で購入した山形冲の『天然生本まぐろ柵』
・同じくきょう着く便の『無凍結!ノルウェー産生アトランティックサーモン柵』
・写真に入れ忘れましたが近所のお魚屋さんで購入した塩いくら
です。

真妻わさび
もきょう着く便です。
横井の赤酢は必需品。

 


海苔は大量買いしてストックしている
海苔問屋赤羽商店の『佐賀県産 初摘み一等級 破れ海苔』です。

 


青じそをたっぷり準備して

 


私はウニメイン。
ミョウバンなしのため苦み一切なし。
味は濃いのに優しい味わい。
文句なく美味しい。
たくさん食べたいので酢飯は限りなく少な目に。

 


三女はサーモン、に行くかと思いきやいくらでした。
楽しく海苔巻きできました。

次女もいくらを争い三女とプチケンカに。
その後仲良く半分こしました。

 


長女はまぐろの赤身と中トロを交互に。
赤身の方がお好みだそうです。

 

サーモンは・・・子供たちが大好きな(はずの)サーモンは・・・。
いつもあんなに争って食べた無凍結のおいし~いアトランティックサーモンだよ・・・
どうやら好みが変わってきたようです。

 

ふと思い出しました。
私が幼稚園の頃、静岡に住む祖母に
「おばあちゃんの作る茶碗蒸しがおいしい!」と伝えたら、
その後祖父母の家に遊びに行くたびに35年間茶碗蒸しを作ってくれています。
おばあちゃんって、最初に好きって言ったものは、
ずっと好きって思う傾向にありますよね。
もちろん、こと祖母の茶碗蒸しに関して言えば
今でも美味しいし、懐かしいし、覚えていてくれることが嬉しいから
全然問題ないのですが。
私も当時の祖母の年齢(当時祖母は50代前半)に近くなってきて
感覚ばおばーちゃんになってきたということなのか・・・

 


さて、サーモンが余ってしまったので翌日は
サーモンのグリルのサラダとサーモンのフライにしました。
グリルは中が半生でいい具合に焼けました。
フライは揚げときゃだいたい美味しくなるの法則で、ペロリでした。
マグロとウニはお刺身でいただきました。
2日目でも問題なく美味しい。

 

その翌日はわざと残しておいたウニでウニパスタ!

バター少しと生クリームのみ。
味付けは茹で汁と醤油のみ。
そして最後に空井さんのオリーブオイルを少し。
その組み合わせで美味しくならないわけはないけど、
ちょっとクリームが勝ってしまった感あり。
そして青じそを間違えてチルド室に入れてしまい変な色になってしまい少し残念な結果に、、、。

おすすめの記事