当社の感染対策のご紹介


株式会社食文化では感染対策に取り組みながら業務を行っております。
食品販売企業として皆様に安心してご利用いただけますよう、
会社全体で取り組んでおりますので、その様子をご紹介します。

 

1)感染対策の周知徹底と検温の実施
社内の掲示、日々の朝礼やメールでの周知など
様々な手段を用いて感染対策を共有し、徹底に努めています。
また、朝出社時には検温を行い、記録しています。
37.5度以上あった場合は強制退社です。

 

2)常時マスクの徹底
業務期間中は原則、マスク着用を義務付けています。
食事中も必要最低限以外の会話はしないように注意を呼び掛けています。
また、事務所に予備を常備し、万が一マスクのゴムが切れたり
汚れた時にも対応できるようにしています。

 

3)アルコール消毒の実施
事務所内に何ヵ所か消毒用アルコールを設置し、
頻繁に手や机の消毒ができる環境を用意しています。

 

4)ソーシャルディスタンスの確保
机の間をの間隔をあけ、ソーシャルディスタンスの確保に努めています。

対面になる場所にはパーテーションを設置し、飛沫防止対策をしています。

 

なお、2020年11月10日現在、豊洲市場でクラスタが問題になっていますが、
豊洲市場はとても広く豊洲市場は敷地面積407,000m²、
東京ドームの約9倍の巨大市場です。
食文化の拠点は、クラスター発生場所からは離れていますので
ご安心して豊洲市場ドットコムでのお買い物をお楽しみください。

おすすめの記事