夏の自宅居酒屋メニュー


商品部の田中です。

最近ホルモンネタが多いです。。夏になるとどうしてもホルモンばかり食べたくなるようです。暑いときこそホルモン焼き屋に入りビールと共に流し込むのが最高です!

仕事帰りにふらっと寄れる環境ではなくなったので、最近は自宅居酒屋メニューを充実。クオリティの高いおつまみを作ることを心がけています。

(帰ってから寝るまでお酒しか飲まない生活は、ここの所の猛暑から夜の間に熱中症になり二日酔いのようになるということを学び、寝る前には必ず水を飲むようにすると決めました、今年の夏は異常です。皆さまもお気を付けください。)

今回購入したのは、コブクロとハツ。コブクロはきれいなピンク色が新鮮な証!ボイル前には塩もみを施してからボイル!ハツも別の鍋で茹でます。

ハツは少しカットをし、冷蔵庫で冷やします。

そうです、やりたかったのはホルモン刺しです。ねぎをたっぷりと乗せてポン酢で。七味を振るとより美味です。

コリコリっとしたコブクロがたまらなく好きなんです。

センマイの酢味噌刺しも同様に好きなので次はセンマイをご紹介できるようにしようと思います。

しかし進むんです~ビールと焼酎が。

 

豊洲市場ドットコムの「プロのお取り寄せ食材店」で購入できるボイルホルモンが人気です。

下茹で済みなので到着後はそのまま煮込みにしたり、再度湯通しをしてホルモン刺しにしても美味!

盲腸、直腸、ギアラ(赤センマイ)の3種類が入っており、大振りにかっとしているため1切れの食べ応えが良いです。

 

1年1095食の楽しみを。 食文化 田中

 

おすすめの記事