「そうめんかぼちゃ」は天使の髪の毛…?


珍食材を見たら、やたら料理してみたくなるのは私だけでしょうか。

…はい、田賀です!

 

今回ご紹介するのは岡山県産『そうめんかぼちゃ』

 

見た目は黄色く、楕円形。瓜らしさが溢れていますね。

 

いざ、調理

端を切り落とし(固いので気を付けて…)

種を除き、たっぷりのお湯で茹でていきます。
10~20分、茹で上がったら冷水で粗熱を取る。

 

ほぐします!

ホロホロホロと、身が麺に変わっていく。

皮ギリギリまでほどけ、1つのそうめんかぼちゃから

想像の2倍の量、そうめんが現れました。

 

「これは、ただサラダにするだけじゃ…ねえ。」

今回は、1つのそうめんかぼちゃから3種類の料理に挑戦してみました。

 

①「そうめんかぼちゃサラダ」

まずはシンプルに。

なんだろう、そのものの味の癖はなく、大根のつまのような…

サラッとしたつゆにも絡まりやすくとにかく食感が良いです。

 

 

②「チーズパスタ」

 

これは思い立ちで。

ソースに麵は絡む。とても絡むのだけど…シャキシャキ持続。

 

 

やはりそうめんのように、シャキッとさっぱり食べる方が合っているという率直な感想です。

 

③「天使の髪の毛パイ」

 

実はそうめんかぼちゃを手にした時から、これが、やりたかった!

「天使の髪の毛」って何のこと?…と、思いますよね。

 

実はスペインでは、そうめんかぼちゃで作ったジャムを

「天使の髪の毛」(”cabello de ángel”:カベジョデアンヘル)と呼び、

そうめんかぼちゃを用いたお菓子はポピュラーなのだそう。

 

実際に砂糖や白ワイン、レモン汁と煮詰め、ジャムにすると

艶が出て、キラキラ金色。

天使の髪の毛という呼び名に納得。

 

パイ生地でジャムを包んで、クルミをのせて焼きました。

 

これは、。新しい!

食感、味、どれをとっても頭に浮かぶ“かぼちゃパイ”にはかけ離れていて

繊維状でホロホロしながらもシャキシャキ感が強い。

繊維1本1本がしっかり甘く、クルミの香ばしさとの相性も抜群。

 

焼きたても、冷やしてもおいしい、ホクホク感が売りじゃない新たな“かぼちゃパイ”

わたしは気に入りました!

 

 

ほぐす楽しさが醍醐味の『そうめんかぼちゃ』

是非一度、味わってみてはいかがでしょうか!

 

(食文化 田賀)

 

『そうめんかぼちゃ』商品購入はこちらから

おすすめの記事