美食倶楽部で「究極の鮨を握る会」開催!


スタッフの川口です。

天然のブロックマグロを買って楽しむ世界観をもっと伝えるべく、
会員制の美食倶楽部で「鮨を握る会」を開催しました。

ちなみに美食倶楽部とは、
世界一の美食の街と言われるスペイン・サンセバスチャンに倣い、
飲食店の空きスペースを借りて、
材料を用意して、仲間を集って作って気軽に食べるをコンセプトにした場です。

美食倶楽部について詳しくはこちら⇒

社内や接待では時折、食の会を開催していますが、
最近外部の人を交えて外で開催しています。
WEBの中だけでは食べる楽しさを伝えきれないので、課外活動です。

今回、この会のために
分厚い鮨ネタの本を読んで研究しました。
うんちくを語らないといけないからです。

今回のラインナップがいかに凄いかを伝えたくて、お品書きも作りました。
素材の凄さ、申し分なし。高級鮨店に負けてない!

買ったマグロは大間の本鮪です。↓

なんと車海老は活で持ち込みました。
おがくずよりも臭いがしないとのことで、水が入ってたので重かった・・↓

それぞれの持ち場で下処理を進めます。

貝班↓

えび班

たまくえ班(熟成魚)

鮨酢は、すきやばし次郎のレシピです。
酢:砂糖:塩=36:3:4
江戸前らしく、赤酢を効かせています。↓
酢飯兼つまみ担当

手順がわかれば、握るのも簡単!↓

きゃっきゃ言いながら皆で握って食べました。

鮨を握るハードルは、なくなりました。
部長曰く、

鮨なんておにぎりの親戚みたいなもの(名言!)

もっと沢山の人に、鮨を家で握る文化を根付かせたい!
我々の使命です(^^♪

■マグロはこちらからお求めいただけます。
豊洲市場ドットコムのマグロ」特集はこちら

おすすめの記事