食文化で健康宣言を始めました


こんにちは。食文化スタッフの山城です。

これまで、健康は個人で管理するという考えが当たり前でしたが
ここ10年くらいで、企業が社員の健康をサポートする健康経営や
ウェルネスマネジメントという言葉をよく耳にするようになりました。

食文化でも、社員一人一人が心身ともに健康で働くことが
生産性の向上や目標の達成、新しいことへのチャレンジにつながると考え、
今年の8月から、社員の健康活動を応援する取り組みとして、
「健康宣言」を始めました。

どんな取り組みかと言いますと、それぞれの健康(既に健康な人は現状維持)の目標と
達成期限とそのためにやることを宣言し、達成すると代表の萩原から
その目標のレベルに応じたご褒美がもらえる!というものです。
現在の健康の度合いは人それぞれですし、年齢によっても異なるので
宣言内容は持病の完治でも肩こり改善でも病欠ゼロでもなんでもOKです。

また、参加者で月1回進捗報告をし合い、進捗の悪い人の追い込み(?)をします。
健康は大事、xxしたいなと、xxしなきゃなと感じていても
自分の心の中だけで思っているとなかなか自分に甘くなりできなかったりするものです。
なので、報告の義務があるというのがこの取り組みのポイントです。
実際、半年10キロ減を目標に掲げていた某社員は、
3ヵ月で5キロの減量に成功しています。

私ももちろん健康宣言をしています。
内容はというと、次回健康診断(2月)までに妊娠前までの体重に戻し(3.5キロ減)、
社内の3人以上に「山城さんやせた?」と言われ、
産前には普通にはけていたお気に入りのデニムをはくこと、です。

つまり、ダイエットです。

でも食文化という会社に勤めるものとして、美味しい食ライフは制限したくないので、
美味しいものを食べないとか、禁酒するとかはしないことが条件です。

この企画を始めたのが8月末、半年もあれば3.5キロなんて余裕でしょ、
と思っていたのですが30代も後半ともなると
ちょっとやそっとじゃ体重は落ちないのです。
焼き肉を食べても翌日体重が減っていた20代の頃とは違うのです。
2ヶ月経ってプラマイゼロ、むしろ若干プラスときたもんだから、
これではさすがにまずいと思い、10月末から、
本格的な筋トレと食事の内容改善をメニューに取り入れました。

改善プランはこんなかんじです。
・週1回の筋トレ(ジムに行く)
・2日に1回の自主トレ(家でテレビ見ながら腹筋など軽く)
・たんぱく質を意識して摂取する(筋肉を増やす)
・肉の脂身と炭水化物は夜摂取しない
・野菜⇒タンパク質⇒炭水化物の順番で食べる

 

例えば先日姉妹サイトのうまいもんドットコムで注文した
秋田の熟成ひめ豚Lボーンロース

夜は、塩コショウでソテーして脂身をよけてワインとともにいただきます。
とりあえずのビールは控えました。

そしてよけておいたその脂身は、細かく切り、
フライパンでカリカリに焼いて脂を出して拭き取り、
チャーハンにして翌日のお弁当に。

しかもチャーハンは、赤羽商店の初摘み一等級 破れ海苔
くるんで食べれば量もセーブでき、総カロリーも抑えられるという!

※ 画像はイメージです。

 

そんなこんなで筋トレに加えて食事面の工夫を取り入れた結果、
開始2週間で500gするっと落ち、1ヵ月でもう500g痩せた!!
2月までにあと2.5キロはこのペースでいけば苦なく行けそうな気がしてきました。

そんなに甘くないのか、それともすんなりクリアしてしまうのか!?
結果は2月末にこの場でご報告します。お楽しみに!

おすすめの記事