昔紅玉 と中野の深紅 を比べてみた&グリルでアップルパイはできるのか?!


こんにちは!初めまして、インターン生の地子です。

今回は
☆昔紅玉 と中野の深紅 を比べてみた
☆グリルでアップルパイはできるのか?!
のテーマで書かせていただきます!

先日、昔紅玉と中野の真紅を頂き、
数年ぶりにお菓子作りをしてみることにしました。

・・・が、
家にはオーブンがないため、魚グリルで作ってみることに。

”数年ぶりのお菓子作り・初アップルパイ・初グリル”

不安要素が満載な中、できあがったのは・・

案の定、焦げてしまいました。
これに関しては後ほど話したいと思います。

 

では本題に入ります。

☆昔紅玉と中野の深紅を比べてみた

【昔紅玉】むかしこうぎょく

品種は紅玉そのもので、古くから畑に生えている大きい老木に実ったものを昔紅玉というそうです。強い酸味と香りが特徴。

外は濃い色をしていて
中は “りんご” の色ですね。

 

【中野の深紅】なかののしんく

外から見ると どこにでもありそうな林檎。

切ってみると、

あらびっくり、中までも色鮮やかなかわいい林檎でした。

なんといっても果肉が赤い。甘みと酸味のバランスがほどよく、シャキシャキ感が特徴の林檎です。

そして、調べてみると
焼き林檎には紅玉が適している とのことなので

作ってみました。

左:中野の深紅 右:昔紅玉

同じ量のバターと砂糖を入れましたが
酸味の違いがハッキリしていました!

昔紅玉は中野の深紅よりも強い酸味を感じました。

林檎を変えるだけで
こんなにも味が変わるものなのかと知りました。

 

☆グリルでアップルパイはできるのか?!

結論は、

・・・できると思います!!

(コツを掴めば私にでもできる気がしました)

なんと言っても
“初アップルパイ・初グリル”
だったため焦げてしまいましたが
味は美味しかったです!

レシピ通り、レモン汁をいれたのですが
昔紅玉は酸味が強いのでレモン汁なしでも
ちょうどいい酸味が出せる気がしました。

それほど昔紅玉は酸味が特徴的な林檎です。

今回の学びとして
林檎ひとつ取っても、
酸味の強いもの・甘みの強いもの
林檎 と一括りにするのは勿体ないくらい奥が深いです。

そして、
お菓子作りの楽しさに再度気付かされました。

オーブン、買います。

これから
食レポはもちろん
料理の見栄えもどんどんレベルアップできるよう
少しずつ頑張っていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめの記事