目と舌でお花をたのしむ!


 

はじめまして!

物心ついたころから頭の中は食、食、食…

入社1年目の田賀です。

 

よろしくお願いいたします!

 

私自身、大学では

食品・栄養・調理・衛生・食文化・コーディネートなど

食に関する幅広い知識や技術を学んできました。

 

 

この春入社して、1カ月が過ぎました。

新たな食と出会えること、旬の食に触れること

毎日が新鮮で、ワクワクが止まりません~!

 

 

 

そこで早速、最近出会った“鮮やかな”食を紹介させていただきます。

 

 

皆さん、食べるお花【エディブルフラワー】ってご存じですか?

 

私自身、レストランやケーキ屋さんでしか見たことはなく、

口にしたのも数回…

 

 

今回、そんなエディブルフラワーを入手しました!

それも5種類ほど!

 

 

色鮮やかで、多種多様なエディブルフラワーを手にし、

ミニブーケを頂いたかのような、嬉しい気持ちになります。

 

どう使おうか、頭の中は、ウキウキでいっぱいでした。

 

 

しかし

実際のところ、上手に使い切れるか、自信はありません…

 

その理由としては2点

 

①食用とはいえ、生花だもん。

②ハーブのように、料理に使うのはあくまで少量だもん。

 

 

ただ、使ってみなけりゃ始まらない!

早速、頭に浮かんできた料理に取り入れてみました。

 

 

食べるお花活用法 その1

『2層のフラワーゼリー』

レモンのゼリーと杏仁豆腐の2層です。

 

レモンのゼリーにお花を

いったん冷蔵庫に入れ、冷やし固まったら杏仁豆腐を

すこしゼラチンが少なかったみたいで

緩く、型から出すのに苦戦しました…

 

 

食べるお花活用法 その2

『フラワー生春巻き』

これは、やってみたい!と、思う気持ちが一番大きかったのです。

 

表に来る部分にお花を並べて。

大葉も入れると、より鮮やかに見えます!

 

 

食べるお花活用法 その3

『カルパッチョ』

 

帆立のカルパッチョに、

散らす、だけ。

 

 

食べるお花活用法 その4

『カレー食パン』

サブタイトル:「~余り物さえ映えて見える、魔法の花を添えて~」

写真を載せるのを躊躇ったのですが

載せてしまう。

 

食パンにカレーを塗って散らす、だけ。

木の芽を添えたら、もう花壇のよう…

 

 

食べるお花活用法 その5

『ドレッシング』

エディブルフラワーは時間が経つと、どうしても元気がなくなってきます。

それは野菜と同じ。

 

ドレッシングに封じこむことで、鮮やかな色を保つことができるかな…

と考え、手作りのレモンドレッシングに

 

瓶に入れて保存しています。

 

日が経つごとに、ドレッシングの色が徐々にピンクになっている気がしますが、問題はありません。

 

 

少し残ったエディブルフラワーは

ドライエディブルフラワー” にしました。

(押し花の手法で…)

 

乾燥させることで、半年〜1年保存できるのだとか…

 

 

 

一気に紹介してみましたが、

 

エディブルフラワーは、思っている以上に

「日常に取り入れやすい!」

というのが、私の率直な感想です。

 

料理の味を邪魔しません。

なので、お食事にも、お菓子にも。

 

紅茶やお酒など、ドリンクの飾りとしても使えそうですね。

 

 

何より

少し、エディブルフラワーを取り入れるだけで

食卓が華やかになり、気分が上がります。

 

 

 

まだまだ続くおうち時間

毎日の食卓を、色や香りで彩ってみてはいかがでしょうか。

『エディブルフラワー』色おまかせ 4パック ※冷蔵 豊橋温室園芸農業共同組合

(豊洲市場ドットコム 青果担当 田賀)

おすすめの記事